大阪堺市 自然療法サロンh o m a r e です。

本当のことを知らずに判断するのはもったいないよ、というお話しです。

オプションで「顔パック」というものがあります。これは酵素パウダーで目元や口もと・顔を埋めるものになります(ご希望の箇所)

「パック」と聞くと、シートマスクのパックや、何か美容成分のあるものを塗る、、などを思い浮かべるかもしれません。

そのため顔パックをご希望されていても、内容(酵素パウダーをのせる)を聞くと「やめておきます」という方が数人おられました。

手術で皮膚をどんなにうまく切り貼りし、美しく縫合する技術を施せたとしても、傷が最終的にキレイに治っていく過程は、人体の自己再生力なくしてはありえません。そして、どんな肌にも、その力は備わっているのです。

巷には、女性のスキンケア製品・化粧品に関する広告があふれています。

心ひかれる魅惑的な言葉に、ついつい色んな製品をとっかえひっかえして試してみる。製品の原材料は、ほとんど化学物質です。

・肌の表面は(角質層)死んだ細胞である

・死んだ細胞なので、そこに何を塗ろうが細胞には意味がない

・細胞を生んでいる層まで届くことはない

・つまり男性がせっせせっせと車にワックスをかけてピカピカに見えるように作業していますが、これは塗装の劣化を防ぐためにやっている

・死んだ細胞にせっせせっせと手間暇をかけている

・死んだ細胞に何をつけようが皮膚は蘇らない

乾燥肌で悩んでいる方、皮膚下の体内には何十Lもの水分があります。

皮膚細胞が健康的なら、いくらでも体内から水分を補えます。これが本当の美容法。

酵素風呂は細胞自体に働きかけ、一つひとつが元気になるので、顔に酵素パウダーをのせていなかったとしても、不思議と肌はしっとり・クスミが取れ明るくなります。

酵素風呂は根源に効く。

【参考資料】

化粧水が「肌の奥まで浸透できない」納得の理由「美容常識」のウソを形成外科医が深く解説

[落合 博子](https://toyokeizai.net/list/author/%E8%90%BD%E5%90%88_%E5%8D%9A%E5%AD%90) : 国立病院機構東京医療センター形成外科長