大阪堺市 自然療法サロンh o m a r e です。

身体を温める「温活」が、なぜ健康と美容にいいのか?

イメージとしては、身体を温めると血行が良くなり、発汗を促す効果によるデトックスやリラックス作用が考えられます。

その効果に加えて、医学の現場でも最近注目されている「温めることで細胞自らがつくりだすヒートショックプロテイン」なるものが話題となっています。

私たちの身体は、小さな小さな細胞が膨大な数の集まりにてできています。  

筋肉や骨や内臓、、はたまた皮膚なども細胞の集まりで組織が出来ています。

水をのぞいてみると、その細胞の集まりはタンパク質でほとんどできています。

ところが、タンパク質は傷つきやすい性質で、デリケートな一面があります。 

ストレス・疲労・加齢・酸素不足・活性酸素・紫外線など、日常生活におけるさまざまな刺激や原因によって、タンパク質は傷つきます。

例えば、肌に紫外線が当たります。すると、タンパク質が傷ついて損傷してしまいます。

そうすると肌の細胞自体も元気がなくなり、自身が持っている天然の保湿成分やコラーゲンや細胞の新陳代謝が低下します。  

これがシミになったり、しわになったり、乾燥する原因の一つとなります。このようにして肌も老化していくのです。

しかし細胞にも自然治癒力があります。

この自然良能効果の化学的成分が「ヒートショックプロテイン」と呼ばれるものです。  

このヒートショックプロテインが傷んだ皮膚細胞を修復に向けさせてくれます。

ヒートショックプロテインの代表的な働きは、損傷を受けた細胞を修復する作用があげられます。 

ケガや骨折などの外科的な身体損傷にも効果を発揮してくれます。

そのほかには、免疫力のアップ・老化防止など細胞の損傷に関することならばオールマイティーに働きます。

免疫力アップでは、がん細胞とリンパ球を35℃と39℃でそれぞれ培養してみると、リンパ球が、がん細胞をやっつける割合は、39℃の時の方が35℃に比べて約3倍高いことが報告されています。このような研究データもあります。

インフルエンザの予防だけでなくガンの予防にも効果があるようです。

このヒートショックプロテインは、身体を温めると増えるのです。 

酵素風呂に入浴すると、怪我が早く治ったり、やけどや日焼け、虫刺され、はたまた運動時の筋肉痛などに効果を発揮するのも、ヒートショックプロテインが大量に細胞で作られるからではないでしょうか。

お客さまの体験談から、そのように考えています。

ヒートショックプロテインは、酵素風呂に入った翌日くらいから体内の量が増加しはじめます。

そして2日目がピークとなり、その後は徐々に低下して7日目には、ほぼ依然と同様の状態となるようです。  

残念ながら、長い間持続することは無いようですので、定期的にご利用いただくことをおすすめしている理由がここにあるわけです。

熱による刺激が加わると、細胞の中でヒートショックプロテインがつくられて、自身を修復する働き、これは野菜で実験するとすぐにわかります。

レタスを、50度くらいの温水に2分ほど浸してみると、シャキッとして新鮮さを取り戻すことが知られています。

これは温活により、ヒートショックプロテインがレタスの細胞組織から合成されて、レタスの細胞が活性化したために起こる現象です。

残念ながら、温泉やご自宅のお風呂では、ここまでの温度では入浴することは出来ません。

ところが、酵素風呂の桶内の温度は60度前後でご利用いただいていますので、通常の入浴法よりも、体内の各細胞からつくられるヒートショックプロテインが多く分泌されるわけです。

ここにも温活として酵素風呂の有意性がご理解いただけると思います。

末永くご利用いただき、健康と美容にお役立てください。